研究職サラリーマンの資産最適化検討

ごく普通のサラリーマンが生活"最適化"によって資産形成を目指す

投資信託編【1年2ヶ月の運用実績報告】

f:id:ashigarax:20191029193740j:plain
ご無沙汰しております。
諸事情により、更新が止まっておりましたが、ちゃんと退場せずに投資し続けております!

資産額の推移

コロナ禍を経て投資信託の資産額がどのように推移したのかご紹介させていただきます。
早速、評価額の推移です。
なお、評価額なので、利益が出なくても積立分評価額が大きくなっていく点にご注意ください。
f:id:ashigarax:20201017202359p:plain
綺麗な右肩上がりですが、しっかりコロナの影響を受けて3月付近は評価額が停滞しておりますね。
コロナ禍〜夏場にかけて、強気にスポット買いを何度か行ったので、評価額は順調に増加しています。

利益の推移

では、次に利益の推移です。
コロナ禍の3月付近では5万円程度の含み損でしたが、現在は10万円程度の含み益が出ています。
金融緩和による株高のためですね。
f:id:ashigarax:20201017202746p:plain

詳細な銘柄

詳細な銘柄と運用状況は以下です。
主力としているのは、
①eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)(管理費用0.0968%)
②楽天・全米株式インデックスファンド(管理費用0.162%)
です。
基本的には米国メインで積立をしています。
元々は楽天VTIメインだったのですが、最近はより管理費用の安いeMAXISシリーズに移行しています。f:id:ashigarax:20201017203318p:plain

今後の見通しと方針

コロナ移行順調に右肩上がりで推移してきた米国市場ですが、11月頭の大統領選もあり最近はボラティリティが大きくなっていますね。
資産額が順調に増えてきたので、1日で評価額が1万以上変動することも多くなってきました。
連日ニュースで取り上げられるように、バイデンが大統領になったり、ワクチン開発がコケると株価が急落すると言われていますが、私は長期的には米国企業は成長し、株価は拡大していくと考えています。
そのため、基本的には売却せずにホールド、ドルコスト平均法でコツコツ積み上げていく予定です。

ではまた!